Tの備忘録

ダイアリーや書評など。

「オイラーの贈物」を読み始めた。(解き始めた?)

先日、自分より経験も長く優秀なプログラマに「二分探索」というものを教わった。
コンピュータサイエンスなど全くやらず、Ruby on Railsに乗っかってユルフワなプログラマ人生を歩んでいた(2年ほど)僕にとって「二分探索」など知る由もなかったし、知らなくてもやってこれた。

ただ「コンピュータサイエンスを学んでいないのに、プログラマやってる自分」に劣等感やコンプレックスみたいなものは予てより感じており、「二分探索」をきっかけに「アルゴリズムの勉強するかー」みたいな感じでユルフワに始めた。

でも世の中そんな甘くないというか、ものの数十分でO記法とか数学チックな話があまりよく分からん辛さにぶち当たって「これは理解できている気がせん」と思い、仕方ないので「数学やっとくか」と思うに至ったと。

さてそんなわけで「オイラーの贈物」を丁寧にはじめたわけなのだが、「なんか社会人になってから数学とか意識高いな」とか変に思われても少し嫌だなーとか有象無象の僕は思うし、誰も見てないだろうけど一応、ブログにて弁明をしておきたい。

結論、僕は「物語シリーズ」が好きなのだ。
中でも「終物語」に登場する「老倉育」という女の子キャラが好きで、どこが好きかと言うと、あまり幸福度が高くなさそうなところが好きなのだ。 それでいて決して「不幸」の一言で言い表わせるような感じでもなくて、一生懸命頑張ってる感じが好きである。

でだ。
その老倉育が何を隠そう、数学女子なのである。
しかも数学者オイラーを尊敬しているのか、オイラーの公式が好きなのか、細かいことは忘れたが、「オイラー」と呼ばれたい願望があるほどの数学女子なのだ。

おわかり頂けただろうか。
そう、僕は「老倉育」が好きで、「老倉育が好きなオイラー」に興味を持って「オイラーの贈物」を買ったのだ。
残念ながら数学の勉強がしたいからでも、アルゴリズムを極めたいからでもないのである。
実際、買って満足していたし、アルゴリズムの勉強はきっかけに過ぎない。

なんなら中学・高校くらいで「終物語」が放送されていて、僕がそれを視聴していれば、もっと真剣に、学生の頃から数学に取り組めていたかもしれないのに。

人生そんなに上手くはいかないものである。