読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tの備忘録

ダイアリーや書評など。

【2017年】読んだ本が30冊を超えました!

ダイアリー

1. ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

ポール グレアム (著), Paul Graham (原著), 川合 史朗 (翻訳) / オーム社 / 2005/01

Tech界隈では著名なコンピュータサイエンティストであるポールグレアム氏のエッセイ集。
エンジニア・エンジニアが組織にいるビジネスマンが読むと面白いと思います。

2. 変身

フランツ・カフカ (著), Franz Kafka (原著), 高橋 義孝 (翻訳) / 新潮社 / 1952/7/28

いつか読んでみたかった通称「カフカの変身」。 諸説ありますが、現代においては「介護疲れ」を想起させる1冊でした。

3. How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

エリック・シュミット (著), ジョナサン・ローゼンバーグ (著), アラン・イーグル (著), ラリー・ペイジ (その他) / 日本経済新聞出版社 / 2014/10/9

さすがGoogleと言いますか、内容が濃く読むのにも時間がかかった印象です。
1度読んで損はない1冊です。

4. 小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識

中島 能和 (著) / ソシム / 2014/8/22

「○○のための○○の常識」シリーズは内容が非常に易しく最近では「最初の1冊」として愛読させてもらっています。

5. 東京23話

山内 マリコ (著) / ポプラ社 / 2015/8/17

非常にノスタルジックで今年読んだ本の中でもトップレベルにお気に入り。
東京23区が1人称視点で語り手となる小説集。
漱石の旧居があった文京区は「吾輩は区である。名前は文京区。」という一節から始まり、新宿区の語り手は「京王プラザホテル」で超高層ビルが次々と建設される最中の心境を語ってくれます。
特に平成生まれの人にオススメしたい最高の1冊。

6. 本好きさんのための 東京 コーヒーのお店

川口 葉子 (著), ダ・ヴィンチ編集部 (編集) / KADOKAWA/メディアファクトリー / 2016/3/25

小冊子なのでパラパラとめくるだけでも楽しめます。
紹介されているお店で実際に訪問したのは初台にある「フヅクエ」というカフェですが、非常に居心地が良く、4時間ほど滞在してしまいました。

7. 第五の権力—Googleには見えている未来

エリック・シュミット (著), ジャレッド・コーエン (著), 櫻井 祐子 (翻訳) / ダイヤモンド社 / 2014/2/21

話が非常に大局的・地政学的なのでハンズオンで活かせるTipsより今後の指針になるような話が多かった印象です。
やはりこちらも読むのに数日かかりました。

8. スタートアップ大国イスラエルの秘密

加藤 清司 (著) / 洋泉社 / 2017/1/26 

2017年の1月、セキュリティについて調べている中で非常に興味を持ったのがイスラエルでした。
人口は800万人ほどの小さな国であるのに、スタートアップに流れるお金は年々増加傾向にあり、2015年時点で5000億を超えるそうだ。
日本は2000億程度であるとされるから1人あたりに換算するといかに多くの資金がスタートアップに投資されているかが分かる。
更に多くの会社がイグジットに成功しており投資資金の回収もうまくいっており、情報感度の高い起業家や投資家はこぞってイスラエルに注目しているそう。

9. コンビニ人間

村田 沙耶香 (著) / 文藝春秋 / 2016/7/27

芥川賞受賞作品。
なんとも現代っぽさのある1冊。

10. 採用基準

伊賀 泰代 (著) / ダイヤモンド社 / 2012/11/9

発刊は2012年だが、2016年も書店でよく見かけた気がしたので購入。
マッキンゼー本はとりあえず読んでおくスタイルで今後も読みまくりたい。