読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tの備忘録

ダイアリーや書評など。

【書評・考察】ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。

まず初めに、本書は247ページに渡ってファイナンスについて執筆されている。
読書時間で言うとおよそ6時間もあれば読み切れるだろう。

僕は一貫してファイナンスについて書かれた書籍は1冊も読んだことがなく、他書と比較することはできないのだが、そんなファイナンス初心者にとっても読みやすい本出会ったと思う。

本書は一般的なファイナンス本にありがちな数式を多く用いた解説や非実務的なファイナンスの理論よりも実務で活かせることを意識して執筆されたそうだ。実際、ソフトバンクM&Aの事例やファンドの説明、ベンチャー企業の資金調達、リーマン・ショックなど具体的な事例をふんだんに用いており非常にわかりやすかった。

これからファイナンスを勉強してみたいという社会人や学生など、年齢や職業問わず読み進めていける1冊である感じた。ベンチャー界隈では「起業のファイナンス」という本が有名であるが、とっかかりとしては起業に限らず誰にでも読める易しめの書籍を一読しておきたかったので本書を購入したが非常に満足している。