読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tの備忘録

ダイアリーや書評など。

書評・考察

『20 under 20 答えがない難問に挑むシリコンバレーの人々』を読みました。

本書は2011年に最初のティール・フェローシップに選ばれた20歳未満の若者たちのシリコンバレーへの挑戦を描いたノンフィクションである。(著者のアレクサンドラが若い起業家に密着取材した期間は2011年から2016年まで6年間にわたる。) テクノロジー業界の単…

「Reactビギナーズガイド」を読みました。

2017/3/13 発刊の「Reactビギナーズガイド」を読みました。 仕事帰りに道玄坂にあるBOOK LAB TOKYOに寄り、技術書を2冊ほど抱えていたところ、入り口横の棚にある「Reactビギナーズガイド」というタイトルの本が目に留まりました。 「おや」と思い、手にとっ…

【書評・考察】世界で突き抜ける

まずはじめに、本書はNewsPicksに掲載されたメタップス代表取締役である佐藤航陽氏と竹中平蔵氏による対談をまとめたものである。 279ページに渡り、リーダーシップ、教養、テクノロジー、先見力という4つのテーマに沿い2者がそれぞれ意見を述べている。 【…

【書評・考察】現代語訳 論語と算盤

本書は渋沢栄一が執筆した「論語と算盤」から重要部分を選び現代語訳した新書である。 元となっている「論語と算盤」を読んだことはないが、レビューを調べると現代語訳と言っても比較的その思考を読み解く形で訳されているそうである。 元mixiのCEOである朝…

【書評・考察】起業家とつくった起業の教科書

トーマツベンチャーサポートが執筆した起業のハウトゥ本。 全体構成としては以下のようになっている。 起業前後にまず決めること 成長を目指すチームのつくり方 ファイナンスの基本を知る PRとプレゼンで認知度を高める 大企業との提携で成長を加速 もっと深…

【書評・考察】ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。

まず初めに、本書は247ページに渡ってファイナンスについて執筆されている。 読書時間で言うとおよそ6時間もあれば読み切れるだろう。 僕は一貫してファイナンスについて書かれた書籍は1冊も読んだことがなく、他書と比較することはできないのだが、そんなフ…

【書評・考察】ヴェニスの商品の資本論

Forbes JAPAN 2017年2月号の特集ページ「波多野 聖『私を世界的資産運用者にした本・映画15選』」より「ヴェニスの商人の資本論」という文庫本を購入してみたので読んでみたのだが、経済や貨幣についてほとんど知識を有しておらず、関連書籍も読んでこなかっ…