読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tの備忘録

ダイアリーや書評など。

【書評・考察】現代語訳 論語と算盤

書評・考察

本書は渋沢栄一が執筆した「論語と算盤」から重要部分を選び現代語訳した新書である。
元となっている「論語と算盤」を読んだことはないが、レビューを調べると現代語訳と言っても比較的その思考を読み解く形で訳されているそうである。
mixiのCEOである朝倉祐介氏の著書である「論語と算盤と私」という作品を読んだことがきっかけとなり購入してみた。

さて、まず本書の感想を述べたいところだが言葉で表現することが何とも難しく、強いて言うなら誰しもが1度は聞いたことや諭されたことのあるような人としての正しさについて書かれている印象を受けた。これだけの名著ともなると流石に僕の思慮が浅いが故にその程度の感想しか抱けないのではないかと些か自身を疑わざるを得ない。

なので本書を読み進めていった中で印象に残った言葉をいくつかご紹介したいと思う。


「修養」- 自分を磨くことは、どこまで続ければよいのかというと、これは際限がない。ただし、このときに気をつけなければならないのは、頭でっかちになってしまうことだ。自分を磨くことは理屈ではなく、実際に行うべきこと。だから、どこまでも現実と密接な関係を保って進まなくてはならない。

これは正しく僕自身が直面している問題でもあった。
仕事に関する知識・スキルはもちろんのこと、社会に出てみると学生時代には全く気にならなかったことや興味のなかったことに不思議と興味が湧いてくる。
つまり仕事に関わりのないことに関しても知りたくなるということである。それ自体は良いことだろうと考えているが、週末本屋に出向き興味のある本を2~3冊購入しては読みふけるといったことを繰り返しているとインプットばかりし、まさしく頭でっかちになってしまうのではないかという恐怖に駆られることがある。

全く、頭でっかちになり批判家になることだけは避けたいと思うばかりである。
常に実践家であり、何かに還元できるよう意識して「修養」に励みたいものである。


孝行は親がさせてくれて初めて子供ができるもの。子供が孝行をするのではなく、親が子に孝行させるのである。

渋沢栄一父親は栄一が18歳の頃からその頭の良さに気がつき、そのまま栄一を自分の手元においておき言う通りにさせたかったそうだが「自分のいう通りにさせたいがそれでは逆に親不孝にしてしまうから今後は思う通りにさせたい」と言ったそうだ。
その影響を受け子供と接する時も同じような態度で臨むようにしていたそうだ。

僕は親孝行とは子が親に対してするものだと思っていたが、この言葉は新しい考え方を与えてくれた。
僕は大学を4年で辞めたが親は将来の心配は少々したものの、口うるさく怒鳴ったり問い詰めたりはしなかった。
それだけではないが比較的僕の意思を尊重してくれているので親不孝を働こうと思ったことはないし、むしろできるだけ実家に身をおき親との時間は大切にしたいと思っているので確かに親が子に孝行させるという考え方もあるのかもしれないと思った。

ただ子としては自分が思うように理解されずともよっぽどな理由がない限りは大事にする心がけくらいは持ちたいものであるが。


学校の生徒など、その教師をまるで落語家か講談師のように見ている。「講義が下手だ」とか「解釈が劣っている」とか、生徒としてあってはならないような口を利いている。これを違う側面からみれば、学科の制度が昔とは違い、多くの教師に接するためもあるのだろう。しかしそれにしても今の師弟関係は乱れている。と同時に、教師の方も自分の教え子を愛していない嫌いもあるのだ。

要するに、青年は良い師匠に接して、自分を磨いていかなければならない。

これに関しては僕も大学の講義を素晴らしいものだと傾聴するどころか辞めてさえいるので目の毒とも言える言葉ではあったが、一方で「良い師匠に接して、自分を磨いていかなければならない」というのは23歳の若者としては全くそうしたいと思ったし、将来自分もそうならなくてはと身が引き締まる思いでもあった。
いやそれどころか兄弟がいる身としては年下に対しては良い師匠でありたいし、同世代の仲間たちの中でも師匠となれるよう日々努力を怠ってはならないと思うばかりであった。(だが僕は漫画を読んだりゲームをするのが好きだ)


人は、人としてなすべきことを基準として、自分の人生の道筋を決めていかなければならない。だから、失敗とか成功とかいったものは問題外なのだ。かりに悪運に助けられて成功した人がいようが、善人なのに運が悪くて失敗した人がいようが、それを見て失望したり、悲観したりしなくてもいいのではないかと思う。

成功や失敗というのは、結局、心をこめて努力した人の身体に残るカスのようなものなのだ。

これが最後になるが、こればっかりには非常に勇気付けられる。
言っていることはその通りだと思うが、「成功や失敗というのは、結局、心をこめて努力した人の身体に残るカスのようなものなのだ。」という一言は非常に力強さを感じるし、あっさりもしている。
どんなにチャレンジングな人間でも不安になる瞬間はあるはずだというのが僕の持論ではあるが、そういう時に心を奮い立たせてくれるのは大抵こういう言葉や心の持ちようなのだろう。


以上が新書「現代語訳 論語算盤」を読んで印象に残った言葉である。
さて次は何を読もう。

【2017年】読んだ本が10冊を超えました!

ダイアリー

表題の通り、2017年に入ってから読んだ本が10冊を超えました!

1. 情報セキュリティ白書2016

独立行政法人情報処理推進機構(著) / 独立行政法人情報処理推進機構 / 2016/7/15

2. おうちで学べるセキュリティのきほん

増井 敏克(著) / 翔泳社 / 2015/7/3

3. 小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識

那須 慎二(著) / ソシム / 2016/1/13

4. すべてわかるセキュリティ大全2017 (日経BPムック)

5. サイバーセキュリティ入門: 私たちを取り巻く光と闇 (共立スマートセレクション)

猪俣 敦夫 (著), 井上 克郎 (著) / 共立出版 / 2016/5/1

6. Webセキュリティ担当者のための脆弱性診断スタートガイド 上野宣が教える情報漏えいを防ぐ技術

上野宣 (著) / 翔泳社 / 2016/8/1

7. ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい

正田 圭 (著) / CCCメディアハウス / 2016/12/15

8. 起業家とつくった 起業の教科書

トーマツ ベンチャーサポート (著) / 日経BP社 / 2016/12/17

9. Forbes JAPAN(フォーブスジャパン) 2017年 02 月号 [雑誌]

atomixmedia Forbes JAPAN編集部 (著) / アトミックスメディア / 2016/12/24

10. ヴェニスの商人資本論

岩井 克人 (著) / 筑摩書房 / 1992/6/26

2016年末ごろに「DeNAのサイバーセキュリティ」という本を読んでからセキュリティに興味が湧いてきたのでセキュリティ関連の書籍やムック本が多くなりました。
セキュリティ関連の各書籍については、もう少し自分の中で体系化してから書籍選びのロジックや体系化するまでのプロセスをまとめたいと思い、その時に書評も書こうかなと考えております。なお、読んだ本はジャンル・形式は問わず、雑誌やkindle本もカウントしています。

さて今回こんなエントリーを書いたのは、西尾維新さんのライトノベルに必ず挟まっている活動報告の紙や白猫プロジェクトのニコ生を見ていてふと、定期的に何かしらの情報などが発表されるって良いな〜と感じたので読了した本が10冊を超えた、活動報告のような、企業のプレスリリースのような感じで書いてみました。

【書評・考察】起業家とつくった起業の教科書

書評・考察

トーマツベンチャーサポートが執筆した起業のハウトゥ本。
全体構成としては以下のようになっている。

  • 起業前後にまず決めること
  • 成長を目指すチームのつくり方
  • ファイナンスの基本を知る
  • PRとプレゼンで認知度を高める
  • 大企業との提携で成長を加速
  • もっと深く学ぶために

各章ごとに起業家とのインタビューが盛り込まれており事例を通して腹落ちすることができる。

起業前後にます決めること

第1章では主にビジョンについて多く書かれている。
スタートアップにおいてビジョンは極めて重要だと感じている。
プロダクトはピボットするかもしれないがビジョンさえブレなければ会社や世の中が冷え込んでも辛抱強く耐える力は強いはずだし、それに付いて来てくれる人もいるはずである。

成長を目指すチームのつくり方

採用や社内コミュニケーションなどについて触れられている。
創業期の採用で最も大事なことはやはりビジョンに共感してくれるか否かではなかろうか。
せっかく出会えたか仲間でも時には辞めさせた方が良い場合もあり、辞めやすい環境を作っておくことも大切であると述べてられていたのが最も印象強かった。

ファイナンスの基本を知る

ファイナンスについては【書評】ビジネスの世界で戦うのならファイナンスからはじめなさい。よりもライトな内容であったが補助金助成金、その他参考になるサイトなども紹介されており役立つ内容だと感じた。
また、実際にシード期のスタートアップを中心に投資を行うファンド、スカイランドベンチャーズ代表のマックス木下 (@kinoshitay) | Twitterとのインタビューが盛り込まれている。

PRとプレゼンで認知度を高める

本書はPRの書籍ではないものの、具体的な例が多いので参考になる。
恐らくこのあたりの知識やテクニックが活かされるのはプロダクトや会社が既にある状態であろうが、仲間集めでも活かせるので知っておいて損はないと感じた。

大企業との提携で成長を加速

大企業との提携はニュースやメディアで目にする機会はあるものの、提携の方法やアプローチの仕方などについて書かれた本は読んだことがなかったので参考になった。

もっと深く学ぶために

参考になるwebサイトや書籍、定期的に開催されているイベント・カンファレンスなどの情報がリストアップされていて良い。一部既知のものもあったが、十分参考になるリストだと思った。

【書評・考察】ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。

書評・考察

まず初めに、本書は247ページに渡ってファイナンスについて執筆されている。
読書時間で言うとおよそ6時間もあれば読み切れるだろう。

僕は一貫してファイナンスについて書かれた書籍は1冊も読んだことがなく、他書と比較することはできないのだが、そんなファイナンス初心者にとっても読みやすい本出会ったと思う。

本書は一般的なファイナンス本にありがちな数式を多く用いた解説や非実務的なファイナンスの理論よりも実務で活かせることを意識して執筆されたそうだ。実際、ソフトバンクM&Aの事例やファンドの説明、ベンチャー企業の資金調達、リーマン・ショックなど具体的な事例をふんだんに用いており非常にわかりやすかった。

これからファイナンスを勉強してみたいという社会人や学生など、年齢や職業問わず読み進めていける1冊である感じた。ベンチャー界隈では「起業のファイナンス」という本が有名であるが、とっかかりとしては起業に限らず誰にでも読める易しめの書籍を一読しておきたかったので本書を購入したが非常に満足している。

まなびファインド

ダイアリー

2017年がスタートし間もない1月の半ばのことである。
渋谷桜ヶ丘のカフェでのランチアポがあった僕は相手とは初対面ながらも気さくに会話することができていた。

注文した料理はチキンソテー。
少量のライスに150gほどのチキンソテーが2枚盛り付けられている。ランチは食べ過ぎると眠たくなり午後イチの仕事にまあまあ支障を来すのでライスが少なめであることは非常に有難い。しかし合わせておよそ300gほどのチキンソテーとスープがつくので満足感はかなり高い。
もっとも僕が普段から筋トレをしていればより一層良かったのだが。

テーブルではお互いの仕事の話や業界の話、技術的な話など様々なテーマについて意見したり実情を話したりした。
相手の見た目は若く見えるがどうやら僕よりも10歳は年上のようで、僕のような若輩者の話もしっかりと聞いてくれる。
3つ以上年が離れ、知識や経験に明らかな隔たりがある人と共に働いたり過ごすことがこれまでほとんどなかったので彼らの落ち着いた態度や物腰柔らかな口調には感服させられた。

さてそんな有意義で貴重な時間も終わりに近づく頃。
相手の男性がこんなニュアンスのことを言った。

「人と会って話すだけでも学びがある。人と会って自分からも話してアウトプットを出す。人と会ったらせっかくの縁なのだから話を聞くだけではなく自分からも何かを提供した方がいい。」

その日僕は普段よりも言葉数は随分と多い方であったと思っていたが、もしかするとそれでも少なかったのかもしれない。
いや、それはただの彼自身の哲学なのかもしれない。
ただ、どちらにせよその一言は僕にとって恐らく2017年最も影響を与えた一言となるであろうものだった。

たったその日まで僕は、どうにも自分に自信が持てずにいた。
大学4年というコンピューターサイエンスを専攻している学生らよりも圧倒的に遅いタイミングで、基礎をすっ飛ばしとりあえず動くシステムを作るということに注力してきた僕はその技術分野においてコンプレックスを抱いていた。

またそんな状態でベンチャー企業という1人のパフォーマンスが全体のパフォーマンスに大きく寄与する環境に身を置いていたがために、そのコンプレックスはより一層大きなものとなり僕自身に根付いていた。だからこそ人に自分の浅さを知られたくはないと、会話において自分から話すことを避けてきた。
それはもはや会話ではないだろう。

だからこそ、この一言は僕にとって目から鱗であった。

せっかくの縁。自分からもアウトプットを出す。何か提供する。

僕の浅い知識や経験をひけらかしたところで誰が得をするのか。
また一方で自分の知識や経験を自ら話すなど、自分自身をよく見せるための厭らしいセールストークのようにも感じていた。

しかし、人と人との出会いは縁だった。
その縁を、時間を、相手にとって有意義なものとするべく僕は僕が知ることや経験を話すべきであった。
いや、そこまで劇的な口調でそう言われたわけではないが僕はそう考えそして納得した。

これまで僕が出会ってきた人たちや、聞くばかりで何も提供してこなかった友人たちに謝りたい。
そしてこれからは人と話したい。
僕の知り得た知識や経験を話し、全ての縁をできるだけ有意義なものとできるよう頑張りたい。

後日談

なんだかエモく、ポエムのような、またはメンヘラのような文章になってしまいましたね(辛い)

技術的な領域にコンプレックスを抱いていたのは確かなんですが、それは技術的なことやプログラミング、科学技術が好きで常に探求し続ける人たちを心から尊敬しているからであるとも思います。

自分もいつからか科学や技術というものに面白さを感じるようになり、その思いは決して小さなものではなく実際に自分でプログラミングをしてものを作ったりしてみて、科学技術の深みに近づこうとしているのに凄い人たちは沢山いて、全然敵わないどころか自分の進歩よりも世の中の進歩の方が圧倒的な速さで進んでいるという悔しさや虚無感に苛まれる瞬間があるというだけです。

実際には自分自身をそんなに卑下することもないだろうと思うところもあり、僕の技術力や人間性を買ってくれ一緖に働こうと声をかけてくれる人たちもいます。僕自身もこれまでの努力や出してきた成果に関しては自信を持っているし、だからこそこれからももっと沢山のことができるようになると思っています。

それでもやはり他人と比べて落ち込んでしまう瞬間というのは月に1度くらいは訪れてしまいますね〜。そんなこんなで自分が天才だったら良かったのに!という気持ちが滲み出てしまった「まなびファインド」でした!笑

最近では(と言ってもここ1週間ほどですが)思ったことや考えたことをブログに書いてみているので明日からも頑張ります!(こんなアウトプットでも嫌いにならないでくれると嬉しい!)

【書評・考察】ヴェニスの商品の資本論

書評・考察

Forbes JAPAN 2017年2月号の特集ページ「波多野 聖『私を世界的資産運用者にした本・映画15選』」より「ヴェニスの商人資本論」という文庫本を購入してみたので読んでみたのだが、経済や貨幣についてほとんど知識を有しておらず、関連書籍も読んでこなかったため非常に難解であった。

本書の初版は1992年に発刊されており、賛否両論あるものの概ね高い評価をされているようであった。対象の読者としては経済学や社会学に対して幾分かの知識を有している者を対象にしている印象で、分かりやすい解説的な内容ではなく専門用語を多く使った様々な角度からの考察が大半であったと思う。

もう少し経済学や社会学を勉強した上で本書を再読し、自分なりに考察などしてみると世の中の見え方が変化するかもしれないと思った1冊であった。

ぶっくフェイバリット

ダイアリー

僕は自称、無類の本好きである。そしてまた自称、無類の本屋好きでもある。

本は誰にでも手の届く価格帯でありながら価格以上に価値のある知識を提供してくれる。
それは自己投資的な意図を持たずしてもである。

僕が初めて本に魅了されたのは中学生の頃の夏休みの宿題か何かで森絵都さんの「DIVE(上・下)」を読んだことがそれである。
それまでは小学生の頃から音読の宿題や国語の授業で小説や文章に触れることはあったものの、あまり興味は唆られなかった。

DIVEの登場人物は中学生か高校生で当時の自分と比較的年齢が近しかったことや、作品で取り上げられる飛び込みという競技と当時自分が習っていた水泳という競技が近しいものであり、非常に感情移入しやすかったことを覚えている。

そんな経緯でその時初めて、本というものは随分と面白いものだと感じた。

ただ、中学生の僕は部活動もしていたし図書室に篭って読書をするとかそういう読書習慣はなかった。
高校でも夏目漱石の「こころ」という作品と出会い、とても面白く感じたが中学生のときと同じ理由から読書習慣はなかった。

大学生になりバイトをすると、いくらかお金に余裕ができる。
洋服を買ったり、飲み食いに使ったりもしたが、本にも使った。

大学に入り、4年後には社会人というそれまでの義務教育的な環境の元とは異なる緊張感が自分の中に芽生えた。
しかしながら大人として生きるということについてこれっぽっちも考えたことのなかった僕は一体何をどう考えたら大学生活の4年間を大人の階段とすることができるか検討もつかず本屋に行ってみることにした。

高校生の頃は新しいマンガが発売されていないか確認しに行ったり、お洒落に興味を持ち始めたこともありファッション雑誌やヘアカタログを立ち読みしに行ったりもしていたが、「人生とは」とは「仕事とは」とかそういった類の疑問を持ちつつ本屋に入るとそこには全く面白そうな本ばかり蔵書されているではないか。

これは今でもそうだが、僕は本屋に入るとまずとにかく練り歩く。
面白そうなタイトルの本を見つけたら手に取り、パラパラとめくったり、目次をみたり、「はじめに」の節を読んでみたりする。
そこで一旦本を棚に戻し、同じ工程を繰り返す。
本屋全体を散策し終わったら、予算に収まる範囲で印象に残った本や欲しい本を取りに戻り、会計へ向かう。
本棚に収めたときにタイトルが見えなくなるのが嫌なのでブックカバーはつけないのがポリシーである。

こうしていると結構時間が経つ。
そもそも読書欲があまりないときや小さい書店では30分以内で収まるが、猛烈に読書がしたい時は本屋をハシゴして3~4時間もぐるぐるしていることもある。
話題書は大抵平置きされているのでネットで調べたりは特にしない。
あくまで自分の足で自分にとって面白い本を探すスタイルである。
ただし、技術書などはできるだけ鮮度の高い情報が欲しいので最新のものを調べたり、Amazonでレビューをみたりもする。

本1冊買うのにやたら時間をかけているせいか、これまで微妙だった本に出会ったことはほとんどない。
全ての本をネットで買ったらどうなるのだろう。
レビューがあるから失敗はしないのだろうか。
しかし本屋を歩き回り、色々なタイトルや中身をチラ見するのは読書と同じかそれ以上に楽しいことなのである。

だからこそ僕は自称、無類の本好きであり、無類の本屋好きなのである。